Google
 

ログイン

カウンタ

COUNTER183178

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

ようこそ!


ようこそ!こちらは「静岡県東部公立小中学校事務研究会」のページです
 

会長挨拶

静岡県東部公立小中学校事務研究会の『WEBサイト』をご覧いただきありがとうございます

本会は昭和30年に発足し、静岡県東部地区内の11市9町(8地区)の公立小中学校に勤務する学校事務職員約300名を会員とする研究会です。公立小中学校の学校事務に関する研究、研修、調査活動を行い、組織力や個々の資質の向上を図り、未来の学校・将来の学校事務を展望し、それに向けた実践活動を続けています。また、チーム学校の一員として学校の経営機能を高めるために、学校経営への積極的な参画や他の教職員との協働など、『子どもたちの豊かな育ちを実現する学校事務』を目指して活動しています。

 

本会の活動については、会員の皆様のご協力と、静東教育事務所をはじめ、校長会、各種団体の皆様のご支援をいただき、充実したものとなっております。本年度も変わらぬご協力とご支援をお願いいたします。

本年度は、静岡県東部校長会長 沼津市立第五中学校の 奥村篤 校長先生に本会の顧問をお願いし、快諾していただきました。奥村先生には、本会の活動について深くご理解いただいており、「共同学校事務室」設置に向けての期待や課題などについてもご示唆をいただいております。

 

さて、会員の皆様には「共同学校事務室」設置に向けて各地区で準備を進められているところですが、本年度はモデル地区の裾野市・小山町の状況をお聞きしながら、各市町で地教委や校長会等との連携をこれまで以上に強くしていかなければなりません。そして何よりも、事務職員一人ひとりが当事者意識を持って、“より効果的に学校経営に参画するため”に設置する「共同学校事務室」で何ができ、何をやっていきたいのかを考えることが重要ではないかと思います。

学習指導要領改訂や制度改正等により多忙化が懸念される学校現場ですが、目の前の子どもたちが笑顔で生き生きと学び、教職員も笑顔で過ごせる学校にするために、チーム学校の一員である事務職員ができることを考え実践していきましょう。

そして一人ひとりの実践を基に、事務研究会の活動を、より一層充実したものにしましょう。

 

この東部事務研WEBサイトがさまざまな場面で活用され、会員の皆様の資質向上、学校事務の効率化や情報の共有化などの一助となれば幸いです。

 

平成30年度 静岡県東部地区公立小中学校事務研究会会長 
根本 茂代